その他

【経済産業省】第2回日本サービス大賞 募集のお知らせ

日本経済はGDPと雇用の7割超をサービス産業が占め、サービス化の流れは更に業界を超えて進んでいます。
本賞は、多岐にわたる業種の多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する制度です。 第1回表彰のとおり、国内のすべてのサービス提供事業者を対象に、「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を有する“きらり”と光るサービスを幅広く表彰します。
本賞を通じて、サービス提供事業者のより一層の士気向上やイノベーションを促します。
一次産業、二次産業におきましても、付加価値を高めるような事業のサービス化を含め、より多くのご応募をお待ちしています。

 

■表彰対象

  「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」
  優れたサービスは、サービスを生み出し、日々、改善していく“しくみ” を持っています。
  そんな“きらり” と光るサービスをつくりとどけるしくみを評価し、表彰します。

※ここでは、サービスの定義を「提供者と受け手の間における価値創造(共創)により、人やモノが提供する経験価値、およびそれを生み出し提供するプロセス」と捉えています。「優れたサービス」とは、サービスの受け手の期待を超える経験価値を提供するサービスを指します。そのような優れたサービスをつくりとどける構造やプロセス、およびその波及効果を総合して「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」と呼びます。

■募集期間

 平成29年6月1日(木)から平成29年8月31日(木)15時(必着)

■応募要領など

 詳しくは、日本サービス大賞ホームページをご確認ください。